アイコン:ホーム  >  サービス案内  >  廃棄物処理  >  廃試薬の処理

廃試薬の処理

少量の廃試薬処理でお困りではありませんか?

実験、研究などで使用される数多くの試薬類
それらには、毒物劇物や、特殊引火物、自己反応性や禁水性、発火性など、危険性の高い物質が存在するため、取り扱いには厳重な注意が必要となります。
また廃棄の際は、各々の試薬に合わせた適正処理をしなければ重大な事故につながる恐れがあります。

取扱品目

  • 無機薬品(有害重金属・酸・アルカリ・シアン)
  • 有機薬品(引火性廃油・塩素系溶剤)
  • 危険物(金属ナトリウム・黄リン・過酸化物)
  • 分析廃液・実験廃液
  • その他(毒物・劇物・医薬品 等)

当社サービスの特徴

  • 廃試薬リストに基づく迅速なお見積もり作成(無料)
  • 現存するほぼ全ての廃試薬の処理が可能 (全て自社工場で処理)
  • 回収の際、専門スタッフが分類梱包作業を行うことで輸送時の安全を確保

なお、ラベルがはがれて内容物不明になってしまった薬品については、自社分析室で成分分析を行っておりますので、内容物を明らかにした上で処理することが可能です。
希少金属を含有した試薬は、検査・分類し、再資源化いたします。