アイコン:ホーム  >  サービス案内  >  その他  >  臭素系洗剤

臭素系洗剤 TA-1000

TA-1000とは

TA-1000は1-ブロモプロパン(nPB)に独自の安定剤(4種)を採用することで低価格化を実現した臭素系洗浄剤です。

不燃性、速乾性が有り、塩素系溶剤(トリクレン・塩化メチレン)に替わるものとして、既存の洗浄機をそのまま、或いは一部改造することで使用できます。
健康被害が問題視されているトリクロロエチレン、ジクロロメタン、1,2ジクロロプロパンに代わる洗浄剤として最適です。

TA-1000の特徴

  • 低価格(他社製品の2-3割安)
  • 不燃性で速乾性(沸点70℃)
  • 優れた洗浄力(塩素系溶剤と同等)
  • 低毒性(発がん性の可能性が低い)
  • 環境に優しい(ODP・GWPが低い)
  • 土壌汚染対策に有効(生分解性が良好)

※ODP:オゾン層破壊係数 GWP:地球温暖化係数

臭素系洗剤 開発の経緯

1995年、オゾン層破壊物質として、当時全世界で最も多量に使用されていた1,1,1-トリクロロエタンの使用が禁止されました。
その代替洗浄剤として、これと同等の優れた洗浄力を持ち、従来の洗浄機をそのまま使用できる新規洗浄剤が米国で開発された。それが臭素系洗浄剤となります。
現在ではその洗浄能力の優秀性から塩素系洗浄剤・フッ素系洗浄剤等の代替剤として多くの採用実績があります。

近年の動向

近年、ジクロロメタン等の塩素系溶剤による健康被害が問題視されている中、より環境負荷の少ない洗浄剤へ切り替えることが多くの企業にとっての努力目標とされていることは周知の通りです。
この様な社会背景において、現在、ジクロロメタン等の代替洗浄剤として臭素系洗浄剤への関心が高まっております。

三友独自のサポート内容

  • 無償サンプルのご提供
  • 廃液の買取り・再資源化、処理処分
  • 洗浄設備の清掃・メンテナンス

TA-1000の主成分

主成分:1-ブロモプロパン(nPB)

EPA(米国環境保護庁)がSNAP(新規代替物質に関する政策)で使用を承認しているもので、洗浄剤としての安全性の高さが確認されております。

※SNAP :Significant New Alternatives Policy (新規代替物質に関する政策)

米国の改正大気浄化法612条に基づき人間の健康や環境に対するより低いリスクを示す物質をオゾン層保護等の規制に適合した代替物質として評価し、それらの使用を推進する政策。

※2007年5月15日、EPAはオゾン層破壊物質(ODS)の優良な代替洗浄剤としてSNAPで承認することを発表しました。

お問い合わせ先

  

本社営業部 販売担当(小野寺)
TEL:042-773-1431(代)

問い合わせフォームはこちら