アイコン:ホーム  >  サービス案内  >  その他  >  フロン類の破壊処理

フロン類の破壊処理

フロン類を適正に処理し 地球環境保全に貢献

フロン類およびハロン類は、強力なオゾン層破壊物質であり、地球温暖化ガスでもあります。
モントリオール議定書の採択により、その全廃が国際合意されました。

  • フロン(CFC、HCFC、HFC):エアコンや冷蔵庫などに使われている
  • ハロン:消火設備の消火剤などに使われている

またオゾン層破壊物質ではありませんが、強力な温室効果を有しているPFC(代替フロン)は「京都議定書」における排出削減対象物質であります。
冷凍機器・エアコンなどに使用されているフロン類は、大気中に漏出させないよう適切に回収し、破壊するように法で定められています。
三友グループでは横浜工場、千葉工場、札幌工場で、フロン回収破壊法におけるフロン類破壊業者として事業を行っています。
特に横浜工場では、消火設備に広く用いられているハロン、代替フロンであるPFCについても破壊処理を行っております。
これらの物質を適正に処理することで、環境保全に貢献しています。

画像:横浜工場 フロン類破壊処理施設 画像:横浜工場 フロン類破壊処理施設

横浜工場 フロン類破壊処理

フロン(CFC、HCFC、HFC) 三友プラントサービス株式会社 横浜工場・千葉工場
早来工営株式会社 大阪工場
ハロン 三友プラントサービス株式会社 横浜工場
PFC 三友プラントサービス株式会社 横浜工場