アイコン:ホーム  >  サービス案内  >  PCB処理費削減コンサルティング

PCB処理費削減コンサルティング

PCBとは…

ポリ塩化ビフェニル(PCB)は、絶縁性、不燃性などの特性によりトランス、コンデンサーといった電気機器をはじめ幅広い用途に使用されていましたが、昭和43年にカネミ油症事件が発生するなど、その毒性が社会問題化し、我が国では昭和47年以降その製造が行われておりません。

PCB廃棄物はその処理体制の整備が著しく停滞していたため、長期にわたり処分がなされず、事業者において保管が行われてきましたが、処分のめどが立たないまま長期にわたる保管が継続する中で、ポリ塩化ビフェニル廃棄物の紛失等が発生し、環境汚染の進行が懸念される状況となっています。

高濃度PCB廃棄物はJESCOにて処理が進められる中、低濃度(微量)PCB廃棄物についても、無害化処理認定を受けた事業者で処理することが可能となりました。

当社が取り扱うPCB廃棄物の種類と対象物

PCB廃棄物の種類と対象物 当社では高濃度PCB廃棄物、低濃度PCB廃棄物、微量PCB廃棄物ともに取扱いをしております。
また、当社がサービスいたします対象物は、PCBを含有する照明用安定器、トランス・コンデンサーおよび電気機器類・ウエス・プラスチックス・汚泥・金属くずなど様々な低濃度PCB汚染物です。
分析方法、処理方法と処理先など安全安心して無害化処理できる方法をご提案いたします。

高濃度PCB廃棄物
トランス・コンデンサー類、 照明用安定器、PCB含有絶縁油等
低濃度PCB廃棄物
トランス・コンデンサー類、  PCB含有絶縁油、PCB汚染物等

PCB廃棄物処理ソリューションの特徴

PCB廃棄物処理ソリューションの特徴 PCB廃棄物の処理に際しては、PCB特別措置法のみならず労働安全衛生法、消防法など様々な法律への配慮が求められます。
また、無害化処理会社の選定についても事前処理や処理費用などの検討が必要です。
とくに、微量、低濃度PCB廃棄物の処理先が分からない、手続きの仕方が分からない、管理の仕方が分からないという保管者様に対し、当社では、保管状況の確認を行い最適な方法を提案致します。

  • 保管中のPCB保管中のPCB汚染拡散を防ぐことが可能です。
  • 無害化処理が促進できます。
  • 処理費が削減できます。

ご提供するサービスのメニュー

  棚卸調査 濃度分析 処理計画 抜油 筐体分解 運搬(※)
高濃度PCB廃棄物
低濃度PCB廃棄物
事前調査
トランス・コンデンサー、蛍光灯安定器等の台帳と現物の照合と絶縁油試料採取及び分析
濃度分析
機器からのPCB含有絶縁油のサンプリングと公定分析
処理計画
事前調査と濃度分析結果から最適な処理先の推薦
抜油・筐体分解・運搬
低濃度PCB廃棄物収集運搬ガイドラインに即した作業

※高濃度PCB廃棄物はJESCOへ低濃度PCB廃棄物は無害化認定処理施設へ搬入

ご提供するサービスのステップ

  お客様訪問 Phase-1 Phase-2 Phase-3
照明用安定器 ヒアリング・現地確認 棚卸調査・報告 汚染拡散防止策
トランス・コンデンサー類 棚卸調査・分析と報告
処理計画提案
抜油・分解
収集運搬
無害化処理会社

お問い合わせ先

  

環境ソリューション事業部
  TEL:042-773-2541

問い合わせフォームはこちら